3,500円でホームページがモテる

htmlとワードプレスの違い

ワードプレスの特徴と言えば、
(1)SEO効果が高く、
(2)スマホに自動で最適化され、
(3)更新がし易い、
といったところでしょう。

では、htmlのサイトはどうでしょう。

SEOは改めて設定しなくてはなりません。
最初からSEOに配慮したサイトの作りをすることはできますが、自動という訳にはいきません。
また、スマホ対応させるためにはスマホ用にもう一つサイトを作るようなイメージになります。
つまり、その分作業量が増えることになります。
もちろん、更新にはある程度の知識が必要となります。

逆にhtmlの優れている点はどこでしょう。

サイトの表示速度が早い点が挙げられます。
サイトの表示速度はサイトの離脱率やSEOにも関係する重要な要素です。

たとえば、ワードプレスでブログを表示させようとした場合、人気の記事やおすすめの記事などは毎回違うものを読み込んで表示させるというように表示速度は遅くなってしまいます。

その対応策としては速度を上げるためのプラグインの導入があります。

キャッシュ系プラグインのおススメは「WP Super Cache」です。

使っていないプラグインを削除する、といった基本的な施策と併せてできるだけ表示速度を上げる努力をした方が良いでしょう。

この記事についてのお問い合わせはこちらからご遠慮なくご連絡ください。

当社では、WordPressを用いたWebサイト制作を行っております。
お問い合わせはこちらまでお気軽にご連絡ください。

制作実績はこちらからご確認ください。
⇒【View Now!】WordPress制作事例をチェック!

ノーコードで簡単ウェブ制作なら断然ELEMENTORが便利です。

#ホームページ 
#ワードプレス 
#アプリ開発