投稿日:

絶対入れるべきプラグインは?

「絶対入れるべきプラグイン」というタイトルのblogは掃いて捨てるほどありますが、あえて紹介します。
自分はとりあえず2つ。

1つ目は「Simple Custom CSS」です。
ほかのCSSプラグインでも構いませんが、CSSを書くのはプラグインがおススメです(理由は後ほど)。

そしてもう一つが「Insert Headers and Footers」です。
察しの良い人はもうお気づきだと思いますが、どちらも理由はthemeを変更しても影響がないからです。

themeに直接書いてしまうとthemeを変えたときに書き換える必要があります。
CSSならまだしもheaderに書いてしまうと「あれ?これ何だっけ?必要?これも?どこからどこまで?」のような一手間は入ります。

ぜひ、参考にしてみてください。

投稿日:

吹き出しプラグイン

今まで吹き出しはCSSとhtmlを駆使して書いていましたが、プラグインがあるのをご存知でしょうか?
吹き出しはキャラクター設定が必要ですが、喋り言葉で会話形式にすることで分かりやすく、客観的に説明することが出来て良い方法だと思います。
自分の作るサイトでも良く吹き出しは採用していますし、お客様からも喜ばれます。

Speech bubble

というプラグインは更新が4年前に止まっていてあまりおススメとまでは行きませんが、面倒なCSSやhtmlより簡単に吹き出しが採用できる良いツールです。
使い方にコツが必要ですが、分からなければお問合せください。

投稿日:

英語翻訳プラグイン

英語翻訳プラグインを気軽に導入したいのなら「Google Language Translate」でしょう。
インストール後、有効化したら、もうその時点から翻訳されています。
あとはサイトの言語を「日本語」を選択し、翻訳したい言語をリストから選択するだけです。

通常右にスクロールアップが表示されているので左下が良いと思います。

最近この「Google Language Translate」を導入したら、うまく表示されないということがおきました。
恐らく他のプラグインだろうということで調べたところ4つの怪しいプラグインが見つかり、その中でも一番怪しい「wp firster cache」を切ったところ正しく表示されました。

「wp firster cache」はサイトを軽量化し、高速表示させるプラグインです。
いったんこのプラグインを切って様子を見ることにしました。

プラグインが正しく機能しない時は他のプラグインのON・OFFを試してみて下さい。

投稿日:

子テーマを作るプラグイン

子テーマを作る重要性や子テーマの作り方について、どのブログにも書かれていますので、あえてここでは述べません。
しかしながら、子テーマを作るプラグインについて書かれているブログがなかなか見つからないので紹介します。

 One-Click Child Theme

更新が3年前ということで怪しい感じもしますが、一応機能しています(2018/10/16現在)。
プラグインのタイトルのとおりにワンクリックとはいきませんが、簡単に作ることができます。
今までアナログで作っていた方にはぜひ試して欲しいプラグインです。

どういう人に向いているかというと

・普段小テーマを作らない、慣れていない人

・同じテーマを量産しない、常に新しいテーマを使う人

・そもそも小テーマ作ってないよ

他にも子テーマが簡単に作れるプラグインもありますので、紹介します。

 Child Theme Configurator

 Child Theme Creator by Orbisius

 Child Theme Wizard

などです。
子テーマは英語で「Child Theme」と言いますので、このキーワードで検索して比較的更新されているものを選ぶと良いでしょう。