htmlとワードプレスの違いについて

htmlで作ったサイトか、ワードプレスで作ったサイトか、見抜く方法があります。
サイトを右クリックして「ページのソースを見る」としてみてください。

そして、出てきたソースコードをControl+Fの検索で「wp」を検索してください。
htmlで作ったサイトは「wp」は一つしかありませんが、ワードプレスの場合はたくさんヒットします。

htmlのwpは恐らく「viewpoint」真ん中の「w」と「p」が合わさって検索にヒットしていると思います。
逆にワードプレスは英語の「WordPress」の頭文字の「w」と「p」で「wp−content」などがヒットしているのでたくさんヒットします。

このhtmlの「viewpoint」ですが、どういう意味かと言うと、スマホで見ている場合、パソコンで見ている場合で別のサイトを表示させるということで使っているはずです。
これが実は厄介で、ワードプレスは自動で最適化されるのに対し、htmlは自動では最適表示されないので、パソコン用とスマホ用(場合によってはタブレット用)のサイトが存在していることになります。

つまり、1か所だけ直したいのにスマホとパソコンと2つを直さないとダメになる場合があるのです。
これは作った本人でなければ分からないことが多いです。
場合によっては作った本人でも分からないことがあります。
それを他人様に直して欲しいと言われると落とし穴にハマるように設計することも可能です。

これが俗に言う「囲い込み」というヤツですね。
制作会社がhtmlをススメる理由のひとつに囲い込んでお客さんを離さないというやり方です。

ワードプレスは作り方にもよりますが、比較的オープンに作ることで誰でも簡単に修正が可能です。
制作者もクライアントもどちらにとっても最適なCMSと言えます。
当社ではこのワードプレスを主体にサイト制作をしていますので、気になる方はぜひ、お問合せしてみてください。

この記事についての質問はこちらからお願いいたします。

制作実績はこちらからご確認ください。

#ホームページ 
#ワードプレス 
#html 
#サイト制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。