社長の写真を撮る

社長の写真を撮る

写真は撮りますか?それとも買いますか?

サイトの良し悪しは写真できまります。
と言っても過言ではないくらい、写真は重要です。

無料素材<有料素材<撮影する

この順番でサイトは良くなります。
では、どのように写真を撮れば良いかポイントをお教えいたしましょう。
まずは人物編です。

(1)場所を選ぶ

どこで撮影するかということは非常に重要です。
ごちゃごちゃした背景の事務所より外で撮影といった方が良い写真が撮れたりします。
光の加減も外の方が良かったりします。

(2)背景から離れる

良く見かけるダメな写真は背景にピッタリくっついた写真です。
機械式の証明写真ならともかく、多くの方に印象良く見てもらおうと思うなら、背景と人物の距離を意識しましょう。
また、人物と背景を離すことで、人物に焦点をあわせ、背景をボカスといった撮影も可能です。

(3)正面から撮らない

真正面から撮ると肩幅が強調されて厳つい写真に仕上がります。
どちらかの肩を少しだけ前に出し、顔をもどしつつ、目線で正面を見る。
このパターンがプロっぽい写真になります。
日本人の顔を真正面から撮影すると凹凸が少ないので、ペローンとした写真になりがちです。

(4)顔見知りでない人が撮る

社員が社長のことを撮るとどうしても恥じらいみたいなものがでてしまい、思うように撮れないことがあります。
写真を趣味にしている友だちがいれば、その人に撮ってもらうと良いと思います。

(5)笑わせる

最後は笑顔です。
思っきり笑わせながら連写しましょう。
きっと使える写真が1枚あるはずです。

本日の記事はいかがでしょうか?
この記事についてのお問い合わせはこちらまたは、エクスペクト合同会社までご遠慮なくご連絡ください。

#ワードプレス
#ホームページ
#写真撮影
#テクニック

メニューを閉じる
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。