国産多言語プラグインBogo

Last Updated on 2022年2月16日 by 柳内郁文

Webサイトをインバウンド向けに多言語化する

サイトを多言語化したいというニーズはございませんでしょうか?
そんなときに必ず出てくるプラグインがBogoです。
Bogoについて少し説明したいと思います。
https://ja.wordpress.org/plugins/bogo/

二言語ならBogo

ContactForm7と同じ人が作った多言語プラグインのBogo。
国産ということもあり、日本人には使いやすいプラグインです。
その特徴は、次のとおりです。

無料で使える

初期費用無料、月額費用無料で使えるありがたいプラグインです。

有効化するとすぐ使える

インストールし、有効化すると各設定にメニューが追加され簡単に多言語化可能です。

二言語に特化

多言語と言っても日英や日中など二言語に特化していると言えます。
複数の言語ページを作りたい場合には向いていません。

言語を用意する

自動翻訳ではありませんので、その言語を用意する必要があります。

URLが変わる

自動翻訳プラグインにありがちなURLが変わらないものですと言語ごとのSEO対策ができないという難点があります。
その点、URLが変わるので、言語ごとのSEO対策が可能です。

多言語プラグインはほかにもたくさんありますので、自身のやりたいことにあったプラグインを選ぶ必要があります。
多言語の記事はこちら

またオススメのプラグインを見つけましたら改めて記事にいたします。
この記事についてのお問い合わせはこちらからご遠慮なくご連絡ください。

当社では、WordPressを用いたWebサイト制作を行っております。
お問い合わせはこちらまでお気軽にご連絡ください。

制作実績はこちらからご確認ください。
⇒【View Now!】WordPress制作事例をチェック!

ノーコードで簡単ウェブ制作なら断然ELEMENTORが便利です。

#ワードプレス
#ホームページ