サーバーを途切れなく引っ越す

サーバーを途切れなく引っ越す方法

サーバーの引っ越しは面倒!
値段が安くなるのはありがたいけど、面倒な引っ越しを考えると乗り換えたくない…
表示されない時間があると困る!

そんなことはありません。
スムーズに簡単にサーバーを途切れなく引っ越す方法を今回は解説していきます。

簡単な流れ

簡単な流れはこうです。

(1) ホームページのデータを新しいサーバーの移す
(2) ネームサーバーを切り替える

以上の2ステップで作業完了です。
では、具体的に見ていきます。

新サーバーにデータを移す

今回はconohaサーバーを例に案内します。
他のサーバーでもほぼ同じです。
Conohaサーバーを使いたい方はこちらからお申し込みいただくとクーポンが貰えます。

ドメインを登録

まずはドメインを登録します。

左の「ドメイン」メニューから「+ドメイン」でドメインを追加します。
SSLは現時点では設定しません。
ネームサーバーをサーバーに向けるまでは仮に設定したとしても反映されませんので、ネームサーバーの設定反映後にSSLを設定してください。

データを移行

次にデータを移行します。
かんたん移行ツールを使うとAll in One Migrationなどのプラグインを使わずにデータ移行できます。

Conohaサーバーの場合、(1)移行元URL、(2)移行元のユーザー名、(3)移行元のユーザー名に対するパスワード、の3点があればデータ移行できます。
データベースは事前に作っておいても構いませんが、Conohaではワードプレスのインストールと同時に作れます。

ネームサーバを変更

ホームページのデータ移行が完了したら、ネームサーバーを現行サーバーからConohaサーバーへ変更します。

上の画面はヴァリュードメインの画面です。

下の画面は分かりづらいと評判のお名前ドットコムの画面です。

コピペ用に下にネームサーバー名を貼っておきます。

ns-a1.conoha.io
ns-a2.conoha.io
ne-a3.conoha.io

まとめ

以上の流れでサーバーのデータ移行は比較的簡単に途切れることなく移行できます。
やはり途切れることないというのがポイントです。

このほかにメールアドレスの移行も必要ですが、この記事では紹介は省略いたします。

この記事についてのご質問がある方はワードプレスの学校でお願いいたします。

当社では、WordPressを用いたWebサイト制作を行っております。
ホームページの制作については、こちらからお気軽にお問い合わせください。

制作実績はこちらからご確認ください。
⇒【View Now!】当社の制作事例をチェック!

ノーコードで簡単ウェブ制作なら断然ELEMENTORが便利です。

ワードプレスの学校

ワードプレスについて何時でも何度でも質問ができる「ワードプレスの学校」を開設しました。
本サイトで解決できなかった問題は直接ワードプレスの学校で質問ができます。
ぜひ、ワードプレスの学校をチェックしてみてください!

Join our newsletter

毎週金曜日に最新のワードプレスの情報を配信しています
いつでも解読できますので、お気軽に登録してください

Check New Posts

Join Our School

ワードプレスについて何時でも何度でも質問ができる「ワードプレスの学校」を開設しました。
本サイトで解決できなかった問題は直接ワードプレスの学校で質問ができます。
ぜひ、ワードプレスの学校をチェックしてみてください!

— ワードプレスの学校でワードプレスについて一緒に学びませんか —

ブログを読むより、ユーチューブ動画を見るより、ワードプレスに精通した講師に直接聞いて問題を解決しましょう!ワードプレスの学校は、質問し放題のオンラインスクールです。