横浜でホームページ制作と言えばエクスペクト合同会社

Wixをおススメしない3つの理由

Wixを否定する訳ではないのですが、Wixはおススメいたしません。
おススメしないのは、制作を依頼することです。
WixのCMを見たことがありますでしょうか?

今日は女優としてのオフィシャルサイトを作ってみたいと思います…

WixのCMより

つまり、自分で作るならWixでも構わないのですが、他人に依頼して作るのならワードプレスがおススメです。

できないものはできない

Wixはテーマに依存するためにできることとできないこととがはっきりとしています。
つまり、同じお金を払ってもWixなら「それはできません」ということになってしまいます。
自分で作るなら「できないなら、どうしようか?」という発想になると思いますが、お金を払っているの場合は「何とかしてよね!」ということになると思います。
でも、できないものはできないんです。

また、テーマに依存するため、テーマを変更することは基本はできません。
リニューアルしようと思ったら、最初から作り直しということになります。

運営が楽ではない

Wix指定で制作依頼された場合に必ず聞くのが「なぜWixなんですか?」という質問です。
大体の回答は「担当者がWixで運営していたことがあるから」という回答が帰ってきます。
でも、その場合、必ずと言っていいほどその担当者が辞めてしまって困ります。

つまり、WixでもWordpressでも運営の労力は同じくらいなのです。

Wixの管理画面に入ってブログを更新するのと、ワードプレスのダッシュボードに入ってブログを更新するのでは、労力は一緒です。
であれば、あえてWixを指定する必要はないのではないでしょうか?

No Codeはどれも一緒

Wixの最大の良いところはNo Codeで作成できるということです。
ドラッグアンドドロップで配置を変えたり、見出しの文字をスライダーで大きくしたり、小さくしたりと直感的な操作でサイトを構築していくことができます。
しかし、実はワードプレスにも同じ機能があります。
DiviというテーマやELEMENTOR というプラグインがそうです。

Wixだけが特別だと勘違いしている人を良く見かけますが、ワードプレスだけでなくShopifyなど、他のサービスでもNo Codeが当たり前となってきています。
Wixだけではないということを知っておいてください。

まとめ

冒頭にも言いましたが、Wixを否定している訳ではありません。
時と場合によっては構わないと思います。
それは、自分で作るか、友だちなどに手伝ってもらうなら・・・という条件付きです。
これは極稀ですが、テーマが決まっていて、やりたいことがそのテーマで実現できるけど、忙しくて作っている暇がないという場合です。
すごく限定的な条件ですが、その場合なら問題はないでしょう。

しかし、Wix指定で制作を依頼するのは待ってください!

ワードプレスの話を聞いてからにしても遅くはないと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。