横浜でホームページ制作と言えばエクスペクト合同会社

Googleに指摘されたので直しました

当社が運営しているサイトのページの右側に余白があることに気がついてはいたのですが、「っま、誰も気が付かないだろ」と紺屋の白袴のように気にもとめていなかったのですが、さすがGoogleです。
「右に余分なスペースがあります。すぐに改善しましょう」とアラートが来ました。

仕方なく(?)改善することにしましたので、その手順からご説明いたします。

原因を切り分ける

FireShotというページ全体をキャプチャするChromeのアドオンでページをキャプチャします。
その際にページのスクロールの様子をよく見ると、スクロール→右に移動、スクロール→右に移動・・・という挙動をするのが分かります。
右の余白もキャプチャしている=(イコール)右に余白があるということになります。

そこで原因が何か?ということですが、別のページも同じようにキャプチャしてみます。
つまり、このページだけ余白があるのか、それとも全ページに余白があるのかを切り分けて考えます。

すると全ページ(厳密にはTOPとよく使うページの2ページ)にほぼ同じ幅の余白があることが判明しました。
つまり、ページを直すのではなく、ヘッダーかフッターに余白があるということになります。

原因が分かれば対処法も分かる

ヘッダー部分の設定はどのテーマを使っていても大抵はダッシュボードのカスタマイズで設定します。
早速、カスタマイズの設定を見直しました。
パディングという項目がpx(ピクセル)単位で設定ができる仕様になっているため、この数値を微妙に調整していくとバッチリ仕上がりました。

まとめ

今回のポイントはGoogleにサイトを登録して、アラートを受け取ること。
アラートが来たら無視することなく対応すること。
原因を切り分けでどこが原因かが分かればすぐに解決できるということが分かりました。

この記事に関するご相談はご遠慮無くご連絡くださいませ。
こちらからどうぞ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。