『日付のローカライズ表示を無効にして英語表記にする方法』というブログのイメージ画像です。

日付のローカライズ表示を無効にして英語表記にする方法

Last Updated on 2022年1月09日 by webassistant

ワードプレスには、日付表示はカスタマイズすることができると書いてあります。
https://ja.wordpress.org/support/article/formatting-date-and-time/
ところが、日付の表示はローカライズされてしまい、思ったとおりに表示できないことがあります。

たとえば、1月をJanと表示させる方法は、「M」となっていますが、実際は「1月」と表示されます。

LocoTranslateで翻訳してみた

LocoTranslateというプラグインを試してみました。(LocoTranslateの記事はこちら)
すると下記のように表示されています。

これではどのフォーマットを選んでも「3月」と日本語で表示されます。
そこでやはりLocoTranslateで英語に戻します。

手順を解説

ワードプレスの日本語はいくつかありますが、一番上のDevelopmentを変更していきます。

JanをJanと訳していきます。
同様にFebをFeb、MarをMarと訳していきます。

訳が終わりましたら、MOファイルをダウンロードしておきましょう。
ワードプレスのバージョンアップで上書きされる可能性があります。

まとめ

ローカライズという落とし穴で思うように出来ない場合でもLocoTranslateで対応可能です。

エクスペクト合同会社では、WordPressとWooCommerceを用いたホームページ制作を行っています。
Webサイト制作に関するお問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください。

制作実績はこちらからご確認ください。
⇒【View Now!】WordPress制作事例をチェック

ノーコードで簡単ウェブ制作なら断然ELEMENTORが便利です。