横浜でホームページ制作と言えばエクスペクト合同会社

保存ができない場合

ワードプレスで保存ができないという現象が起きることがあります。
保存しようとすると403ページが表示されることがあります。
そのときに疑うべきことは?

PHPのバージョン

運営歴が長いとPHPのバージョンが当時のままで古くなっている場合があります。
最新はバージョン7です。
まだ5やそれより以前のバージョンを使っているのでしたら、アップデートを検討してみると良いでしょう。
ただし、変更は慎重にしなければなりません。

プラグイン同士の不具合

プラグイン同士でうまく作動しないプラグインがあります。
プラグインをひとつひとつオフにして相性を見てみましょう。
その場合、自分はせっかちなので、オフにしてすぐにリロードをしてもダメでオフにしてしばらくしてからリロードしないと本当の原因がつかめません。
またテーマとの相性もあるようです。

WAFのオフ

ロリポップなど一部のサーバーにはWAFの設定があります。
このWAFが結構厄介です。
もともとWAFはセキュリティレベルを上げるのに重要な役割をしているので、ONにしておくことが重要ですが、それが原因でサイトの更新ができないということになります。
自分の管理しているサーバーであれば、いったんオフにしてサイト更新後、またオンにすれば良いのですが、管理を任せているサーバーでしたら、そうも行きません。
場合によってはWAF以外の方法でセキュリティ強化することも検討しなければならないかもしれませんね。

この他にもPHPの容量など疑うべき要素はありますので、作業履歴を残しておくなどして、いつその事象が発生したのかを記録しておくと良いと思います。

この記事に関するご相談はご遠慮無くご連絡くださいませ。
こちらからどうぞ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。