使い慣れたエディターを使う

ワードプレスがバージョンアップされてからブログを書くエディターのインターフェイスが変わりました。
古くから慣れ親しんだインターフェイスを使いたいのなら「Classic Editor」というプラグインが便利です。

使い慣れたインターフェイスで記事を書くことができます。

古いバージョンのワードプレスを使い続けるという方法もありますが、その場合、セキュリティの問題があり、おススメできません。

この記事についてのお問い合わせはこちらからご遠慮なくご連絡ください。

当社では、WordPressを用いたWebサイト制作を行っております。
お問い合わせはこちらまでお気軽にご連絡ください。

制作実績はこちらからご確認ください。
⇒【View Now!】WordPress制作事例をチェック!

ノーコードで簡単ウェブ制作なら断然ELEMENTORが便利です。

#ホームページ 
#ワードプレス 
#プラグイン 
#サイト制作