使い慣れたエディターを使う

ワードプレスがバージョンアップされてからブログを書くエディターのインターフェイスが変わりました。
古くから慣れ親しんだインターフェイスを使いたいのなら「Classic Editor」というプラグインが便利です。

使い慣れたインターフェイスで記事を書くことができます。

古いバージョンのワードプレスを使い続けるという方法もありますが、その場合、セキュリティの問題があり、おススメできません。

この記事についての質問はこちらからお願いいたします。

制作実績はこちらからご確認ください。

#ホームページ 
#ワードプレス 
#プラグイン 
#サイト制作

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。