「WPS Hide Login」を使ってログイン画面を隠す方法

Last Updated on 2021年12月25日 by webassistant

ログインURLが危険にされされている

ログイン画面を隠すプラグインの動画があったので、紹介します。
ワードプレスのログインURLは、https://wordpressdehomepage.com の後に /login や /admin や /wp-admin.php などをつけるとログイン画面にたどり着くことができます。
つまり、自分のサイトのログインURLを忘れたとしてもログイン画面にたどり着くことができるのです。
しかし、逆にこのことがハッキングの危険にさらされている原因である、ということがよく言われています。

そうならないための方法としてGoogleのreCAPTCHAを採用するという人もいます。
ただ、reCAPTCHAはロボット(機械)による攻撃対策で、人間の攻撃の対策にはなりません。

動画を参考にしていますか?

余談ですが、ワードプレスを使うにあたって、ビデオを参考にしていますか?
ユーチューブでワードプレスの解説をしている動画があがっていますので、参考にしていただくと良いと思います。
ただ、ためになる動画のは英語のものが多いので、若干の英語の知識が必要です。
英語が苦手の方でもビデオなので、画面を見ながら真似るだけでも大体は解決すると思います。

プラグインで解決しましょう

本題に戻しますが、今回紹介するプラグインはWPS Hide Loginhttps://ja.wordpress.org/plugins/wps-hide-login/)というプラグインです。
設定は簡単でインストール後、有効化して設定にできた新しいメニューのWPS Hide Loginを開き、loginURLを必要に応じて書き換えるだけです。
通常のログインURLに行こうとするとログイン画面がはなく「404エラー」を表示できます。
ワードプレスのセキュリティが心配だという方はぜひ、入れておきたいプラグインです。

本日の記事はいかがでしょうか?
この記事についてのお問い合わせはこちらからご遠慮なくご連絡ください。

当社では、WordPressを用いたWebサイト制作を行っております。
お問い合わせはこちらまでお気軽にご連絡ください。

制作実績はこちらからご確認ください。
⇒【View Now!】WordPress制作事例をチェック!

ノーコードで簡単ウェブ制作なら断然ELEMENTORが便利です。

#ワードプレス
#ホームページ