『アパレル必須のSKU登録について』というブログの説明画像です。

WooCommerce アパレル必須のSKU登録について

Last Updated on 2021年12月17日 by webassistant

Woocommerceを使った商品登録でアパレルなどサイズ展開やカラー展開している商品の登録方法についてです。
別の商品として登録するのでは、お客さまが「この商品の色違いないのかな?」と思った時、探す手間がかかります。
そこで1つの商品にSKU登録することでその中から色を選んでもらうということが可能になります。
もしかしたら、色違いで2枚買ってもらえるかもしれません。
アパレルなら必須のSKU登録についてご説明します。

⇒ウーコマース(WooCommerce)とは?

SKUとは、

SKUとは、カラーやサイズのことです。
洋服の場合、サイズで価格が異なる場合は少ないので、今回は別の商品を例に説明していますが、設定方法は同じです。
分かりやすく解説しているサイトが少ないので、分かりやすく説明いたします。

プラグイン

プラグインは不要です!
ご安心くださいWoocommerceの基本機能で設定可能です。

基本はこの通りです。
(1)商品データを「バリエーションのある商品」を選択
(2)属性のタブから「カスタム商品属性」を追加します
(3)名前はサイズやカラーが入ります
(4)次に分かりづらいのですが、値に選択肢を入れます
 たとえば、サイズでしたら「S|M|L|XL」のように間に|を入れます
(5)商品ページ上に表示とバリエーションのために使用の両方にチェックを入れてください
(6)サイトに保存を押します

たとえば、サイズを入力したら、同じ要領で(2)のところからはじめて、今度はカラーを入れます。

次にバリエーションのタブに移動し、「すべての属性からバリエーションを作る」でGO!します。
なぜかGOだけ日本語化されていません。

そうするとポップアップがでますが、OKするとバリエーションができています。
先ほどの例でいうと、カラーで白、黒、赤と登録して、サイズでSMLと登録したら、白のSML、黒のSML、赤のSMLと合計9種類のバリエーションができることになります。

SKUで値段が違う場合

一つ前の画像の四角で囲んだ「拡大」をクリックします。

このようにSKUごとに価格を入力したり、在庫管理することが可能になります。
同じ値段でも入力が必要です。
アパレルで良くあるのがXLなど日本では比較的売れ残るものだけディスカウントという設定もここでできます。
もちろん、色ごとの画像登録もできますので、登録すると親切なサイトになると思います。

⇒【ネットショップはウーコマース】WordPressをネットショップにできる!

まとめ

WoocommerceのSKU登録はこう見ると比較的簡単にできますが、詳しく解説した日本語のサイトがないのでご紹介いたしました。

当社では、WooCommerceを用いたECサイト構築、WordPressを用いたWebサイト制作を行っております。
お問い合わせはこちらまでお気軽にご連絡ください。

制作実績はこちらからご確認ください。
⇒【View Now!】当社の制作事例をチェック!

ノーコードで簡単ウェブ制作なら断然ELEMENTORが便利です。

モバイルバージョンを終了